おいしい煮つけになりたい

唐瓜直が何やら日記を書いたり、即興創作(140文字×X+α)したり、メモしたり。というブログ。

月までの助走

 ベンチに腰掛けていたら、前を通ったカップルが俺のほうを見た。何かおかしなところがあるだろうかと思ったが何のことはない。隣のベンチに家なしの老人が一人、ダイナミックな寝姿で横になっているのだ。エビ反りのような姿勢で、背中と座面には隙間ができるほどだった。「俺はな、月まで跳べるんだ」

 彼の寝言を聞きながら俺は手元の缶酎ハイをあおる。金曜の夜、ささやかな楽しみだ。白い息を一つついて、ぼんやり空を見た。三日月が出ている。それを横切る影があった。美しい背面跳びだ。ふと視線を隣にやればもう誰もいなかった。酔いすぎたのだろうか。缶を傾ける。一滴たりとも残っていなかった。

広告を非表示にする

記事の転載等はご遠慮ください。