おいしい煮つけになりたい

唐瓜直が何やら日記を書いたり、即興創作(140文字×X+α)したり、メモしたり。というブログ。

横浜散歩

有給消化である。 今月、かなりの勢いで有休を使用している。来月から忙しくなるかもよ、という啓示が来たからである。 なるなる詐欺(忙しくなるからそのつもりで、が先方の都合により肩透かしをくうことになること)の可能性もあるのだが、これ幸いと休む…

まだ指を絡めることもできない

週刊「ポンパドール夫人」の購読を初めて数か月が経つ。第24回のパーツは左手の小指、第一関節。完成までの巻数は明らかにされていない。生きているうちに完結するのかも怪しいのが、それでも絶世の美女を組み立てることができるというのは楽しい。うまく組…

彼女にはトルソーと言い張っている

「お腹が痛い」と道端にうずくまる女がいた。腹をとってしまえばいいではないかと提案したら、彼女はどうして気が付かなかったのかと胸の下から腰の上までをすっと取り外してしまった。「お礼に」と言われ、その取り外された腹を受け取ったのだが、捨てるわ…

マーケットに行く、が正しいのではないか

スーパーを出て視界に入ったのは蜘蛛だった。歩道の中央にぷらぷらただよい、これから巣作りなんです、といった具合に横糸を街路樹と壁に張っていた。道をふさぐほどの大きさになるだろう。巣を眺める僕を追い抜かす人がいた。トレーニングウェアを着た若い…

星降る夜に

三度、君の復活を願うが蘇る気配はない。今夜は流星群が訪れている。まだチャンスはあるだろう。人の死により星が流れるというのなら、今宵、どれだけの人が死んだのか。僕は明るくなってきた空に、願うことをやめた。「どうしてやめるの」背後から聞こえた…

書く場所を準備してみる

唐瓜直という筆名で活動をしている(し始めている)のだけど、何かを書く場所がほしいなと考えていた。 勤務先で夏休みが取れそうな気配(世間は秋である。そうだね、気が付いてた。今年も夏は終わってた)がしてきたので、半年にわたる繁忙期が終わったのだ…

記事の転載等はご遠慮ください。